WordPress学習について

自分の会話の速さ程度のタイピングスピード・スキルは 必要!

メンタリングは助言、対話を重ねる中で、受講者本人が気づきを得るという方法が取られるなかでコード修正やWeb検索することが多い。

週2回(1回のメンタリング時間が25分)と少ない時間でメンターに質問や解答するなかで質問の仕方が的を得ず手間取ることもあるから、とりあえずメモしてメンタリング終了後に確認作業する。初心者は説明理解力がない為、大体で暗記や走り書きすると文言を間違えた時確認作業が出来ず説明通りの結果が得られなくなることがあるから、メンターに聞き間違えないか確認しながら極力メモを取る。

各カリキュラム完了後は、意味を理解していないと

次の課題でわからない時に質問しても
メンターがあえて?質問を理解しないフリをする。

大抵の場合疑問に対するヒントや答えは、前の項目を復習して理解出来ていれば答えが解るようにできている。

とはいえカリキュラムに要する時間を見誤った私の場合、(見積もり予定時間の3倍以上費やしている) とてもじっくりと復習する時間的余裕などない。そのような私に対しメンターは予定期間内にカリキュラムを終了できるよう課題達成優先で進めるので

大まかな理解が出来れば、次の課題に取り組むよう促すから直ぐに壁に当たる。

学習方法は、理解出来なくてもとにかく作ってみて形にできなくて壁にぶち当たるまで試行錯誤しながら進み、答えが出るまでテキストを読み返して、わからない言葉はWeb検索する。これをひたすら繰り返す。それとコード記入間違いが、上手くいかない原因の殆どだから誤字脱字が無いか確認するといったもの。

わからないことを検索する時、検索ワードの選び方が適切でないと、WordPressの学習では見当違いの答えに行き当たる。

何故か?

テンプレートを作るかプラグインを使うか、どの様に表示するかによって。検索ワードを使い分けねばならないから。

メンタリング以外でもSlack でサポートを受けることは出来るが、文章のみだと何をするためにどの様な状態で何をどの様にやった結果上手くいかないのか説明出来ないと、説明不足で相手に質問意図が伝わらず適切な解答が得られないこともあり(これがわかれば自力で殆ど解決できる)口頭でのやり取りは必要と感じた。

メンタリングの時メモやコード記入、Web検索するので、自分の会話の速さ程度のタイピングスピード・スキルは必要と感じた。

練習としてタイピングゲーム始めたが、飽きたので、YouTube などで字幕が出るものを探して

聴きながら文章に書き起こし、字幕を見ながら聴き直して答え合わせをする練習を始めた。

HTML文法エラー

HTMLやCSSの文法エラーを教えてくれる、

有り難いサービス。

The W3C Markup Validation Service

コピー&ペーストしてCheckボタンを押すだけ!

間違えている場所には Error で、何行目か

教えてくれる^ ^

2週間経過中に起こった問題

HTML/CSS コーディング学習で問題解決に時間を要したのが、CSSがHTMLのPreviewで見ると反映されておらず何も変わらない( ̄▽ ̄;)

あぁなんて事ない!

半角スペース入れ忘れか、

プレビューで確認する前にファイル保存し忘れ。

記入ミス確認は、デベロッパーツールで確認できるとわかるまで、ミスに気付くまで1日かけても気付かなかったり。(o´Д`)

書き方が分からないよりも、ダメージ大きかった。(´O`)

基本 質問は控えて参考書やKindleは使わず、

検索スキル付けるために、ぐぐるようにしてるのが

時間が掛かる要因ではあるのだが。

あと、モニターは2枚あった方が良いな。

老眼の私には文字が小さいと、記入ミスに気付くまで時間が掛かる。(〜 ̄▽ ̄)〜